オンライン上にショールームを。
360°空間3D-VRコンテンツ制作


無料個別相談のお申込みはこちら



あらゆる空間をVRに。
3Dバーチャルツアーがビジネスを加速させる。


こんなお悩みありませんか?

  • 展示場のランニングコストを下げたい...。
  • オープンハウスの開催が難しい...。
  • 契約までのリードタイムを短くしたい
  • 提案資料をオンラインにまとめたい
  • 新しい施策で集客に活かしたい



このようなお悩みはAcross360が解決いたします。

まずは下のアイコンを参考にサンプルコンテンツを体験してみてください。


  • タップして進む

    自動再生

  • ドールハウス(立体図)

    フロアプラン(平面図)



3Dバーチャルツアーを導入する3つのメリット

VRでバーチャル空間にして24時間/365日お客様のタイミングでいつでもどこでもオンライン上で内覧を可能にし、展示場等にかかる人件費などのランニングコスト削減につながる。

コンテンツ上に説明タグや外部リンク、写真や動画を設置できるので、伝えたい情報を一括にまとめられ、見込客との制度が高いコミュニケーションが取れる。

3Dでの全体図やスムーズなウォークスルーでの没入感あるコンテンツで、閲覧者(見込客)の興味が高まり、サイト滞在時間・問い合わせ件数の上昇が期待できる。

様々な業種の空間に対応

住宅

宿泊施設

飲食店

商業施設商業施設

建築現場

工場

3Dバーチャルツアー個別相談はこちら



サービスについて


見込客に伝わるビジュアルコンテンツ

今ある空間を撮影し、バーチャル3D空間VRを作成。
オンライン上に公開することでショールームとして機能いたします。

今ある空間を撮影

360度撮影できるカメラで空間の隅々を撮影し、空間VRコンテンツを制作いたします。

URL・HTMLコードで納品

URLやHTMLコードで納品しますので、SNSやWEBサイトへの設置が簡単に行えます。

マルチデバイス対応

新たにデバイスをご用意頂く必要がありません。今あるデバイスで観覧できます。


サービスの流れ

step
1

お問い合わせ


まずはお気軽にお問い合わせください。

step
2

お見積・打ち合わせ


詳細・ご希望をお伺いさせていただきます。
面積や間取りがわかる図面があるとスムーズにお見積・打ち合わせができます。

step
3

撮影


撮影対象物件によりますが、100㎡あたり約50箇所のポイントで3D撮影を行います。
撮影内容により撮影スタッフ2人でお伺いする場合もございます。

step
4

編集


レンダリング後、タグ付け等の編集に入ります。
コンテンツに埋め込みたい写真や動画は事前にご準備ください。

step
5

校正・ご確認


撮影から3営業日ほどで3DコンテンツのURLをお送りいたします。
校正・ご確認をお願いいたします。

step
6

納品


校正完了後、3DコンテンツのURLとHTMLコードをメールでお送りし納品といたします。

3Dバーチャルツアー無料個別相談はこちら



3Dバーチャルツアーの特徴

今ある空間を高精細なバーチャル空間に

Matterport(マーターポート)製の特殊なカメラで空間を撮影し、見込客を魅了する3Dバーチャルツアーを制作。高いクオリティの画像・全体を見渡せる3D画像・画面内をスムーズに動き回れる演出・簡単な操作性で見込客が飽きることなく観覧できます。



サイト滞在時間・問い合わせ率の向上

アメリカでは3Dバーチャルツアーを導入した企業の95%が見込客のサイト滞在時間・問い合わせ率が向上したという統計が出ております。この統計から、日本でも3Dバーチャルツアーコンテンツは5G時代のスタンダートビジュアルコンテンツになるのではないでしょうか。



様々な情報をタグ付けできる

コンテンツ内のいたる所に、説明文・動画・写真・外部リンクURLを設置可能。
惜しまなく情報を設置することで、見込み客への細やかな情報提供が可能になります。


VRゴーグルにも対応

VRゴーグルでも観覧できるので、見込客がより没入できます。


googleストリートビューと連携

googleストリートビューにも対応しました。
googleマップから気軽にアクセスできるので店舗等の情報発信に効果的です。


Across360の強み


安心の建築写真家クオリティー

多くの撮影実績

マンション広告

建築雑誌

住宅メーカー広報誌


建築写真家が撮影


大手不動産会社の広告を担当しているフォトグラファーが撮影するので、画面が傾向くこと無く安定して観覧できます。また撮影経験が豊富なので現場での段取等スムーズに行ないます。

人の動線を意識した細かな撮影ポイント


臨場感ある3D-VRコンテンツを制作するには、人の歩幅に合わせて細かくまっすぐに撮影していく必要があります。撮影ポイントが少なかったり、グネグネ曲がっていると観覧中に酔う原因となります。


没入感が向上するカメラアングル


より没入感を向上させるため、見せたいところを見せるアングルで撮影します。例えばキッチンからリビングを見渡したり、ソファーに座った目線を体験できます。

3Dバーチャルツアー無料個別相談はこちら



サービスメニュー・価格


選べるプラン。オーダーメイドも可能。


1コンテンツあたり延床面積100㎡程度まで一律料金

ライトプラン 人気 スタンダートプラン
プロフェッショナルプラン
プランの説明 3Dバーチャルツアーのみ制作 3Dバーチャルツアー制作の基本プラン 充実したコンテンツを制作したい方向け
3D撮影
ドールハウス
フロアプラン
タグ -
ハイライト
ロゴ表示 -
ミニマップ -
2D(写真)撮影 - -
100㎡程度までの価格 100,000円(税別) 150,000円(税別) お問い合わせください

※制作した2年目よりコンテンツサービス料が発生いたします。1〜5コンテンツまで30,000円(税別)/年、6〜10コンテンツ60,000円(税別)/年〜
※移動にかかる交通費は実費請求させていただきます。
※宿泊が発生する場合は宿泊費用は実費請求させていただきます。
※撮影場所が東京近郊(千代田区九段南より片道1時間以内の場所)以外の場所には、関東 20,000円(税別)関⻄、中部、北陸信越、東北 25,000円(税別)北海道、中国、四国、九州、沖縄
35,000円(税別)の出張費(交通費除く)を頂戴しております。
※シーン別(昼・夜...etc)もご対応可能です。その際は別途お見積とさせていただきます。


3Dバーチャルツアー無料個別相談はこちら



ご提供コンテンツの内容

※こちらはスタンダートプラン・プロフェッショナルプランのコンテンツになります。


ライトプラン・スタンダートプラン・プロフェッショナルプラン 共通


3D撮影

Matterport(マーターポート)製の特殊なカメラで空間の隅々を360°撮影いたします。
延床面積100㎡辺り50箇所ほどのポイントで撮影いたします。


ドールハウス(立体図)

3D立体図が観覧できるので、空間全体がわかりやすく見込客に伝えられます。


フロアプラン(平面図)

真俯瞰の視点から観覧できるので間取りや空間の広さがわかりやすく伝えられます。




ハイライト(目次)

特に見せたい箇所(例えばリビング、キッチン、寝室...etc)を抽出してコンテンツ下部に目次のように表示します。再生ボタンを押せば、ハイライト部分の動画が再生されます。

スタンダートプラン・プロフェッショナルプラン


説明タグ

コンテンツ上に説明文・写真・動画・外部リンクURLを設置します。お手持ちの素材写真や動画をご利用いただきます。(写真や動画を設置する場合はFlickr・YouTubeのアカウントを開設していただきます)基本的に設置するタグの数には制限を設けておりませんが、あまりタグが多いとコンテンツが観にくくなります。良いコンテンツにするため、ご相談しながら制作いたします。


ハイライト動画

ハイライトを再生した動画をmq4形式ファイルに変換いたします。YoutubeやSNS等、マーケティングにご使用ください。




ロゴマーク

コンテンツの題名左隣に貴社ロゴマークを表示させます。30px×30pxサイズのファイルか画像ファイルのシェアURLをご用意ください。




ミニマップ

コンテンツ画面右上にミニマップを表示いたします。撮影ポイントも表示されますので、観覧したい箇所をタップすれば瞬時に移動いたします。



プロフェッショナルプラン


2D撮影(写真撮影)

素材写真が無い場合に、3D撮影の当日に一緒に素材写真も撮影いたします。様々な企業の広告や全国流通している雑誌の撮影を担当してるフォトグラファーが撮影にお伺いするので、3D-VRと写真がワンストップで撮影できるAcross360ならではのサービスです。




まずはお気軽にお問い合わせください

3Dバーチャルツアー制作に関して、無料相談を受け付けております。

© 2020 Across360